X-カートカスタム/パーツ

01TUNE UP

さらなる領域へ!! チューン・アップ

 X-Kartは 4馬力ちょっとの 50cc原付エンジン。 リミッター解除さえすれば 60km/h以上の速度が出ますが、登坂路となればスピードダウン。 「こんなはずでは…」「だまされた!?」と考えるのはチョット早い!!
 少々力不足な馬力にしても、高価になりがちなパワーアップ部品等を装備せず、X-Kartをより皆様に購入しやすくご提供させて頂いているからなのです。 
 じゃあ、どうすれば気持ち良く走れるのか ? 実は、ちょっとしたチューンでも素材の良いエンジンゆえに、見違えるほどのパフォーマンスを与えてくれるのが X-Kart なのです !!

02LIGHT TUNE

これだけでも大満足!? ライト・チューン

■ハイスピード・プーリーによるCVTチューン
 基本中の基本、プーリー (変速ギア) です。 国内外を問わず、色々なメーカーによって販売されております。 底の浅いお皿が裏側同士面しており、その間を駆動輪側へと続くベルト (バイクで云うところのチェーン) が通っています。この"お皿"がプーリーで、開き具合でベルトがプーリーの内外側を行き来して無段階変速を行います。
 X-Kartのリミッター・カット時に合わせて装備いたしております(ベーシック・オプション)。 よりスムーズな加速を得られますが、パワーアップの部品ではありません。 でもこれだけは装備される事を強くお勧め致します。 

高品質な社外品 (左) と ノーマルプーリー (右)
 社外品は高品質高性能なものが多く、弊社デモ車もこれらを装備しております。最高速度は 約55km/h から 約65km に上がります。
 各社の性能の違いは、50cc 故に、好みの程度内ではないかと思いますが、弊社では X-Kart と相性の良いハイスピード・プーリーをご用意しております (オプション販売参照、 7,140円)。

■簡単に馬力アップ!? チャンバーマフラー
 大排気量に勝るチューンは無い …とはいうものの、そんなことしたら ミニカー ではなく レーシングカー になってしまいますし、大がかりな事はいやだな~、と思う方も多いのでは !?
 そんな皆様に絶対にお勧めなのが、高性能チャンバーへの交換チューンです。

バイク&スクーター乗り達の憧れ、ユーロ・チャンバー。 中でもこの Leo Vince社製は素晴らしい性能を提供する。

 変速時期を決めるウェイトローラーや、クラッチの繋がりをダイレクトにするスプリングなど、多少の調整をしなければなりませんが、高性能なチャンバーに変更すると、最高速や加速が別の物に変わります (多少ピーキーになりますが)。 
 デモ車にイタリア製スポーツ・チャンバーを取付け、上記セッティングを施したところ、最高速は80km/h以上になりました。

 デモ車で培った経験を元に、現在皆様には4種類のチャンバーマフラーをご用意しております (右段オプション販売参照 予算27,300円~42,000円 (ユーロ・パス* 取外し工賃込 但し、取付工賃 – ウェイトローラー交換、クラッチ調整等は 別途 税込16,000円)。 
 ちなみに、X-Kart は"サス"と呼ばれるものはありません。 路面からのショックを吸収するのはタイヤの空気圧のみです。 跳ねる車を抑え込むのも興奮ものですが、3ケタ以上の速度域は危険です!!

 *ユーロ・パスとは ヨーロッパの大変厳しい基準をクリア―するための「デチューン」部品です。 マフラー内部に溶接されており、装備されたままだとマフラー本来の性能が出せませんので、弊社では取外して販売しております。

03RACING TUNE

もう公道は走れない!? レーシング・チューン

■レース用にボアアップ
 試しにレース用として 68ccボアアップキットを組みました。それに伴い、16Φ → 19Φ ビッグキャブへ交換、メインジェット、フィルター、ウェイトローラー、クラッチスプリング、プラグなども変更し、またチャンバーも大容量の物に交換しました。 結果は、比べ物にならないトルク感!!

ノーマル (左) と 68cc ボアアップキット(右)  良いエンジンキットはそれなりの価格だが、それ以上の恩恵に与れる!
 現在までに数種類のエンジンキットを試してきましたが、イタリア・Malossi社製Φ47キットとの相性が良いようです。 排気量にして僅か18ccのボアアップですが、ビッグ・キャブ + 高性能チャンバー + 各駆動系部品強化を施すことにより レスポンス、スピードそして特に加速力は 下手な100cc 4サイクルスクーターを凌ぐのではないかと感じます。 それこそ「マシン」へと生まれ変わります !!

クラッチの強化センタースプリング (左) と黄色の同クラッチスプリング。 エンジン本来のパワーを余すことなく引出す大事なチューン。

 キャブはあまり大きなものに取換えるとルーブリカントの流入量を調整しなければ焼付きを起こす可能性大 ! そこでエンジンと同じMalossiのΦ19ビッグ・キャブを装着(燃料と空気の流入量調整 & 各ワイヤーの長さを加工する必要有)。

 パワー&トルクバンドが上にシフトした分、クラッチを調整して鋭い加速をGETっ!!  耐久性も考慮しベルトもケブラー製に交換等々…..
その結果、100km/h 以上の大台を突破!! (もちろんレース場でです!) 

 時間も工具も経験もない!! と云う方も多いのではないかと思います。
もちろん弊社でもレーシング・チューンは承れます (予算5万~10万円位) 。 その後のメンテナンスはもちろんお気軽にご相談下さい。 また皆様のお近くで、レースなど行っているバイクショップさん (間違っても車屋さんに行かない! ) に行かれても 結構面白がって相談に乗って下さると考えております。 これは弊社並びにX-Kartを購入されたお客様の経験から、ショップさんにとっても X-Kart はいじりたくなる存在であるようです。

■その他のチューン
2サイクルJOG系エンジンは、レースでもいまだに活躍しており、国内外を問わずエンジン関係でも多くの社外品が販売されております。 例をあげれば、
68ccボアアップ水冷キット (ラジエーターは別にあり、車体に加工して取り付けられます)
49.9ccボアアップキット (極僅かなボアアップですが合法。圧縮比も上げており馬力/トルク・アップ)
– 各種キャブ、エアークリーナー、ルーブリカント増量オイルポンプ等々…
さすがに弊社でも全て試すわけにはいかず、車種型番による適合だけ取り上げれば、調べるだけでも型番適合がありすぎてきりがありません。
お問い合わせいただければ、ご相談に乗ります!

■Leo Vince "Hand Made ZX" ベンチ・テスト~ (画像をクリック!)

右グラフは、YAMAHA Aerox 50 (X-Kartと同系エンジン) に有名ブランドのチャンバー各種、ベンチ・テストした時の参考データです。
レオビンチは頭一つ抜きんでており、特に"ZX"は高速度に強い事が分かります (ノーマル 6.35hp 7,750 rpm → ZX 7.40hp 9,300 rpm) キャブ調整したかは不明。

04DRESS UP

原石から魅惑の宝石へ!! ドレスアップ

■誰もが持っていない車に乗りたい…
 せっかく高額なエアロパーツを纏った愛車の隣に、全く同じ格好をした車が… 気まずい雰囲気になられた方も多いいのではないかと思います。 オリジナルボディ等、多くの方々には高嶺の花。 誰もが振り返る、世界でたった一台の車。 ドライビングを楽しむ方なら一度はそんな夢を思い浮かべるのではないでしょうか。

■自分で作り上げる、世界でたった一台の車… ドレスアップ・X-Kart!!
X-Kartは、その夢を叶える事が出来ます!! 普通乗用車に比べればそれこそ10分の1、いや20分の1の低予算でもカッコ良い車に仕立てる事が可能です!
まだ、そのほとんどがヨーロッパの一般の人たちのドレスアップ車両ですが、日本でも気合の入ったドレスアップをされている方もおります (予算を抑えるために、時間をかけたそうです)。

レーシングカートのカウル等を取付けた弊社デモ車。 標準型とはまるで別物で野暮ったいバンパーも気にならない

 最も低い予算でドレスアップはレーシングカートのボディパーツを流用することです。
それらボディパーツは様々な形があり、若干の加工を施しX-Kart に取り付ける事が出来ます。 組み合わせも好みで変えられ、部品価格も各5千~1万5千円位とお手頃です。
弊社で販売しているのは、右の欄にご紹介している加工販売経験済のタイプのみですが、武骨な姿からスパルタンなレーシング・ルックへと変わります !!

2005年ルマン・ウィナー、アウディR8を彷彿させる!? これはさすがに我々では出来ません…. 執念を感じます!

 また、予算と時間に余裕がある方は、右の様なルマン仕様 (広島市 F氏作成) を、普通乗用車と比べればかなりの低予算で作成することも可能です (X-Kartをベースに、電気ミニカーへの挑戦を行っているお客さまもおります !!)
他にもアクリル製屋根付きや、バイクのカウルを加工して取り付けるなど、本人の好みによって多種多様な車になるでしょう。
ボディの他、シート、ハンドル、タイヤ、電装品など様々なパーツによりドレスアップが可能です!! (弊社ではその全てを試したわけではありませんが、ご相談頂ければ、知りうる情報を出しております)
また弊社ではレーシングカートのボディ・パーツ の販売/加工取付は行っておりますが、ルマン仕様車のようなワンオフの設計並びに販売及びカラーリング塗装等は行っておりません。 
ボディ・パーツ取付加工販売は、簡単なものでサイドカウル左右及び取付加工 2万円~、 フルセット (コンソール・パネル作成による3連メーターを含む) 取付加工 15万円位まで、予算に応じてお見積り致します。 ご相談下さい!